投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

秋に想う

イメージ
/秋分も過ぎ、秋の夜長な季節に♪
栗の収穫もそろそろ終わりに近づいてきました

わたしたちの栗を、いろいろなところへ
嫁がせました^^
そこここで、栗の人生を豊かにしてくださって
本当にうれしいです
栗って食材の中でも、トップ10に入るくらい、
” 旬 ”を感じる食材かなぁと思います
だからか、栗っていうフレーズ、キーワードを聞く
だけで、みんなが「栗!!」と振り向くような^^



















幼い頃は、祖父母と両親、弟と暮らしていたので 食卓の上には漬け物などの箸休め的なおかずも含め、 大皿が3つ、4つ並んでいて みんなで取り合って食べていました^^ 特に、秋の食材は美味しいものばかりだから 随分とおかわりしながら食べていたような気がします

お彼岸にはおはぎ、お月見には団子を作ったり、
秋刀魚を庭で七輪で焼いて食べた記憶もあります

家族で過ごす時間が、季節の移ろいの中にたくさん
あると、いいですよね
(当時よりも、今、とってもよく想う^^)
子供たちと過ごす秋を楽しみたいと思います

鴨上げ

イメージ
/先日の台風は、直撃しなかったため、
実りの作物たち、合鴨たちに被害はありませんでした
ホッとしています
皆様の地域はどうだったでしょうか
大丈夫でしたでしょうか


/合鴨たちを、台風前に、
田んぼから畑へ引き上げました
これを【鴨上げ】といいます












家族に手伝ってもらい、大人6人で合鴨たちを追い込みます
合鴨たちは群れで行動するのと、音や人に敏感なので
オーイと声をかけながら、少しずつ少しずつ狭めていって
端へ追い込みます

1羽のみ、捕まえることができなかったのですが
無事、終わることができました
全体でだいたい150羽くらい











畑でののびのび暮らしのスタートです
これから11月まで飼育します
そして11月に、解体し、食肉として販売します

お楽しみに

栗のゆくえ

イメージ
/栗の収穫が本格的に
早生から中早生に移行し、
収穫しては鬼皮剥きに追われています^^

収穫しても、虫食いやひび割れ等の
出荷できない栗が必ずあって.
そういうものを使って(そういうものしか使えない^^)
今年も渋川煮を作りました


















剥くのは去年よりもうまくいったのですが、
味付けがまだまだ修行しないといけません・・^^
(きちんと教わりたい^^)
でも子供たちはパクパク
旬を味わえる暮らしってやっぱり豊かで楽しいです


/わたしたちの栗を “ 使わせてください ”と声をかけて
くださり、そのご縁がうれしくてうれしくてたまりません^^
ご紹介させてください^^
栃木県の一本杉農園さん、門司港のbionさん、
熊本県のpandocoroさんへ
みなさん、会うと笑顔も雰囲気も素敵で
元気になります
どの店舗も素敵で、お菓子やパンも美味しいですよ^^
どんなお菓子やパンに変身するのか、とっても楽しみです^^

















sweets classroom

イメージ
/3兄弟の話.
わたしの主人は3人兄弟で、
長男夫婦と、三男夫婦と、わたしたち次男夫婦.
(アイス事業の長男夫婦、農業のわたしたち、
そしてパティシエの三男夫婦)

3兄弟の連係プレーで、
わたしたちが作る、米(玄米粉)や栗を中心に、
旬の果物、こだわりの食材を使って
ケーキや焼き菓子などを作り、販売する店舗を
来春openさせる予定です
持ち帰りだけでなく、店舗でも食べられるよう、
カフェスペースもあるそうです

お店の名前は、【 ricca (リッカ)】
そのriccaのopenまでの間(openさせてからもあるみたいですが)、
三男夫婦がお菓子教室をスタートさせています
先月より、わたしもレッスンを受けに行っていて^^
親族だから、ということでなくて、
お菓子を作るのも、知るのも、食べるのも好きだし、
なにより、三男夫婦から本格的なお菓子作りを間近で
教われることにとっても魅力を感じているから
素の自分で通っています^^

/9月のレッスンは、クレームブリュレと、カシスのムース
なんと贅沢な時間^^
19歳の頃、アメリを観て、クレームブリュレのカラメル部分を
スプーンでパリっと割ることに憧れ、
上京したてだったけど、東京のお店で食べるブリュレに
興奮していたのを覚えています^^

ブリュレもムースも、とっても美味しくて・・・^^
一緒に行った友人たちも、“ 美味しい ”と喜んでいたので
とっても嬉しかったです




素材をこだわること、調理中の色々な温度に敏感になること、
食べるところを想像して、盛り付けるお皿を冷たくしたり、
温めたりする気遣い、
少しのスパイスやハーブを使って、より風味よく、美味しく
すること・・・etc
お菓子を作るというよりも、一皿の作品を仕上げる印象を受けます^^

同じように、お家でも作って、主人や子供たちにも
食べさせてあげたいなぁとは思いますが、
なかなか復習ができない日々です。。^^
でも、いつか特別な時に、作ってみようと思います













シャルドネ収穫

イメージ
/9.4 MON
6:00集合で、シャルドネの収穫がはじまりました
去年に引き続き、2回目となる収穫(年に1度の収穫)
家族だけでなく、今年は友人、知人も手伝いに来てくれました
サンドイッチ屋のtatomiyaさん、北区にあるレストラン
タイガーマンのオーナー、家具をオーダーで作ってくださる時松さん
友人のともちゃん)
ボランティアを募って作業すること自体、初めてなので
朝ごはん用のおにぎりをどのくらい握ればよいのか、
お手拭等いるかな、など小さなことが気になって仕方なく、
当日までそわそわしていました・・・^^

子供たちも強引に起こし、いざ畑へ
子供たちはいつもと違う朝の光景に、うきうきしており、
保育園登園まで、なんとかお利口さんで待っていてくれたので
助かりました^^
(小学生くらいになったら、一緒に参加するようになるのかなぁ)

6:30頃からいよいよスタート
雨がぽつりぽつりと降り出し(まさか雨が降るとは思いもよらず・・)
雨の中、作業が続いたので、みなさんびっしょり・・・
それでも夢中で作業を続けてくださり、本当にありがたかったです
















シャルドネは、専用のハサミで一房一房切っていきます
痛んでる部分などを取り除きながらかごへ
作業自体は簡単なのですが、意外と力もいるし、時間のかかる作業です
今年は、予想以上の量がとれ、11:30頃に終了しました
(もっと早く終わると思っていました)












シャルドネがどんどん無くなっていく姿を見ると
潔くもあり、達成感や淋しい気持ち、色々な思いがこみ上げてきます

収穫されたシャルドネは、早速、仕込みに入り、
来年、菊鹿ワインになるそうです
飲みたいなぁ^^











/天候や環境に左右されてしまう農業ですが、
人の手、手間ひまがかけられるから美味しいんですよね
自分たちが育てたものが、ワインとなり、全国のどなたかのところに
届いていく
そのワインのシャルドネを育てた生産者のことを想いながら(考えながら)
ワインを楽しむ方は少ないかもしれないけど、
ふとしたきっかけで、生産者のことも想いながら楽しんでいただけたら
嬉しいなぁと思いながら作業をしていました
また、そういう視点で食材なり物を選ぶ方が増えていくと
生産者なり、手仕事を生業にしている方にとっての励みになります^^


/お手伝いに来てくださった方にと思い、
坪井にある、サンドイッチ屋…

もう9月

イメージ
/あっという間の9月
8月もいろんなことがありました
家族でプチ旅行(海にも)にも行けたり、
山鹿灯篭祭りの花火大会に行ったり、
夏らしさを満喫できたなぁと思います
子供たちと過ごせる夏が、
あと10数年くらいなのかなぁと思うと
貴重に感じて、季節が早々と駆け足で過ぎて
いくように感じてしまいます
でも、人生一度きりだから、
今の子供たちと過ごす時間を大事にしつつ、
季節の移ろいも楽しんでいけたらと思います

あ!稲も実をつけ、稲穂が風にゆらゆらしています


/8月も終わる日から、
早生栗の収穫がスタートしました
私たちが育てる栗は、中早生の栗、晩生の栗が
多いので、早生の栗は少ないのですが
それでも毎日5kgくらいずつですが
出荷しています













栗は外側が青色から茶色になると自ら地面に落ちます
落ちたものを拾うことが大切です
青色から茶色になりかけの時に風の影響などで
落ちてしまうものもあり、
未熟な栗と完熟な栗が同居している感じです

どんな作物もそうですが、
自然の力って不思議です
食べごろサインを必ず出してくれるんですね
また、栗をはじめて食べた人もすごいし、
それをどうやったら美味しく食べられるのか
暮らしの中で発見していった人もすごい

栗拾いをしながらいろんなことを考える日々です


/シャルドネの収穫もいよいよ迫っています
またその報告も兼ねて、blogゆっくりアップしていきますね