投稿

師走、睦月

イメージ

バタバタと2019年が終わり、
2020年がスタートしました。

もう去年の話になりますが、12月のクリスマスでは
合鴨肉の丸焼き(ピラフ詰め)をたくさんの方にご縁があり、
改めまして本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。
合鴨農法での合鴨を活かすことにとても大きな意味があり、
と書いてしまうと、壮大な料理のように感じてしまいますが
生産者とみなさん消費者を繋ぐ、ひとつの道であると思っております。
なかなか馴染みのない食材である合鴨を、クリスマスという特別な日に、
美味しく食べていただける機会があることが本当にありがだいです。
今後も続けていけたらと思っておりますので、ご縁がありましたら
よろしくお願いいたします。










霜月

イメージ

11月になり、一気に冬の気配が。
朝晩は、とにかく寒い家の中。
もうすでにこたつを出しました。あぁ・・・
また春の暖かい季節を待ちわびる日々が続きます。
と言いつつも、冬は冬で楽しみたいですね。

11月はじめに、今年も頑張って働いてくれていた合鴨が役目を
果たして、肉となり戻ってきました。
今は、自分たちでは解体できないため、業者に預けて解体して
いただいております。
内臓だけ除いた状態の丸体(こちらは、クリスマスに中にご飯を
詰めて焼き上げ、販売します)と、モモ・胸の切り身になった
状態で冷凍されています。
毎年、料理の食材として使っていただいているお店様と、自分
たちで料理にして販売する用とあるのですが、今年は、もしお
客様の中で、ご縁があれば販売してみようかなと思っております。
モモ・胸(2枚ずつ)1羽分が3000円(税込み)で、冷凍にて発
送するため、お米とは別でのクール発送になります。
4枚合わせた重量が、約450g~480gの個体差がございます。
味は、臭みもなく、とても味わい深い、美味しいお肉です。
ご希望がございましたら、メールにてご連絡くださいね。
fufusasa423@gmail.com



11/22 riccaでの汁めし会では、この鴨を使った、鴨汁をこしらえます。
11/26 taramuさんでのおにぎり会でも、鴨汁を提供する予定です。
ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。





神無月

イメージ

朝晩はぐっと寒くなり、風、空、木々、食、色々なところで秋を感じるようになりました。
早いもので、稲刈りシーズンです。
今年は、ウンカの大発生により(全国的に)、菊鹿町も大打撃を受けた農家さんも多かったようです。
私たちの田んぼ(里山米の方)も、一部被害を受けましたが、合鴨米の田んぼは、合鴨がウンカを食べてくれたため、被害がなく、ホッとしています。
いよいよ新米のスタートですね。
今年度のお米もどうぞ宜しくお願い致します。
皆さんが新米をどうやって食べるのか(まずは炊き立てをそのままかな)、興味があります。おすすめの食べ方などあったら教えてくださいネ。













季節の変わり目、お身体に気をつけて、どうぞ健やかにお過ごしくださいね。

秋のイベント予定 11/5omusubi. さんにて新米試食販売会(熊本市南区南高江2丁目11−20) 11/14 泰勝寺さんにて新米販売会(熊本市中央区黒髪4丁目610) 11/22riccaにて汁めし会(山鹿市方保田)
11/26taramubook&café (大牟田市久保田町1丁目3−15)